ムンクさん

母S子より唯人へ、“ムンクさん”が届きました。

だいぶ前に、水曜どうでしょうに出ていたのを唯人が気に入り、
「ムンクさんて何や??」と言うS子にテレビを見せたところ、
「これの小さいやつ、(母の働く美術館の)ミュージアムショップに売ってるよ」とのこと。

届いたらすぐに唯人は大興奮でS子に電話をかけていました。
それから、学校以外の時間はいつも一緒です。

横断歩道で。
c0099967_0433077.jpg

車の移動も。
c0099967_044081.jpg

いーやぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!!
c0099967_044266.jpg

今も一緒に寝ています・・・。
唯人のお供にはこのサイズでちょうどいいみたい(^m^)
(壁紙モードで撮ってしまった・・・。てか最近ケータイ撮影ばっかだ。)
c0099967_0462893.jpg


話は変わりますが、最近肩こりがよりいっそう辛くなり、
あおいが生まれる前まで週1で通っていた治療院に数年ぶりに電話すると・・・・・・
なんと先生が鹿児島に引っ越されてました(;゜Д゜)

いつも、仕事を終えたハマちゃんに「2分だけ肩もんで!」とお願いしてきましたが、
疲れているからだろう、あまり真面目にもんでくれない。
(片手でちょいちょいちょいーーみたいな・・・)

ほんで、気になってたこれをお店で試してみた!
c0099967_0514679.jpg

マッサージクッション、めっちゃイイーーー!!
コンパクトサイズ(写真のよりちょっと小さい)なら治療院代2回分くらいで買えるやないか!
なんかの記念に買ってくれんだろうか。(ハマちゃーん、見てますかーー!!)

c0099967_055411.jpg更に話は変わりますが、私の“好みの顔”の中に
伊勢谷友介、又吉と並んで
0系新幹線」というのが入ってます。

8年前にこのTシャツに一目ぼれして、
サイズが全然合ってないのに買ってしまいました。
でもサイズが全然合ってないので
ほとんど着てません。

寝巻きにするか、と久々に出して着てみたら、
「ゆいとが大人になったらちょーだい」と
予約を入れられました。

しょうがないなー( ̄▽ ̄)
[PR]

# by yuiaztat | 2011-06-21 01:23 | favorite things  

長崎街道木屋瀬宿を歩く(北九州市八幡西区)

以前から「あおいが入園したら宿場町めぐりをするんや!」と決めてました。
なかなか実行できませんでしたが、今回ようやく第1回目が実現しました。

気に入っていたけど、車でしか通ったことのなかった
筑前六宿のひとつ、“長崎街道 木屋瀬宿”へ!!
c0099967_7131255.jpg

「雨やし、写真撮らんやろ」とカメラを持っていきませんでしたが、
いい具合に止んでました( -_-)
すごく悔やまれます・・・。(なので全てケータイで撮った写真です・・・。)

東の構口から散策開始です。
c0099967_7151362.jpg

宿場の地図。
c0099967_719892.jpg

多くの古い建物が綺麗に残っています。
c0099967_7201473.jpg

問屋場跡
くいっと曲がったとこの角にあります。
防衛のために見通しが利かないようにくいっと曲がってる道路(枡形)は
宿場の特徴のひとつ。
c0099967_732646.jpg

問屋場とは・・・
c0099967_732473.jpg

さて、お目当ての“木屋瀬宿記念館 みちの郷土史料館”へ。(大人入場料200円)
c0099967_7553654.jpg

雨だし平日だし昼間だしね・・・私ひとりでした。
おかげでじっくり楽しめました。(撮影禁止なので写真はナシ。)
「こんな貴重なもの触っていいのかい?」という物を実際に手にできたり、
体験できるコーナーもあったり。

木屋瀬の歴史を語る上で、炭鉱を切り離すことはできないので、
炭鉱の地図や坑内で使われていた物も展示されてました。
(木屋瀬宿ではかなり早い時期から生活に石炭を使っていたらしい。)

また、面白かったのは「旅に出るならコレ持ってけ」的な本があったり、
女性だけで日本旅を楽しむ人たちがいたり(小田宅子や桑原久子)、
時代が変わっても人々が求める物は似ているのだなーと感じたことです。
(ちなみに小田宅子は底井野(現中間市)の商家のおかみさんで、高倉健の先祖らしい。)

結局1時間ちょい滞在しました。
施設を出る頃にお年寄りの団体客が来ました。

帰宅時間が迫ってきていたので、先ほど声をかけられたお土産屋さんに寄って行こう♪
c0099967_7581120.jpg

ただのお店かと思っていたら、違いました。
もやいの家”というところです。
壁の鏝絵(こてえ)にすぐに目が行きました。
左の絵はだるま。
後にこの中で「木屋瀬出身の、だるまをたくさん描いた画家、鐵せん(せんの字忘れた)」
と掛け軸の説明を受けたので、それかな。
右は象。
献上するための象が長崎から江戸まで運ばれたと史料館にあったな。
まん中は、踊り?

先ほど史料館に向かうときに「どこからですか」「寄っていきませんか」と声をかけられていたので、
帰りに一品お土産買えばいいやーと思ってたら、
入った瞬間、古くて高価そうな物(人形、陶器、家具など)がたっくさん。
むしろお土産は少ない(笑)

おじさまが「まぁ2階へどうぞ」と案内してくれます。
古い旅館みたいな階段を上がりました。
昔は呉服屋だった建物らしく、「そこを安川さんが買い取ったんです。」とのこと。
展示されてる物もほとんど安川さんの物らしい。
・・・・・・安川さんってあの筑豊御三家の??
って心で思ったのに、なんでそこで聞かんかったとだろー(ToT)
でも絶対そうよね?!

嫁入り道具の柿の木のタンスが、引き出しを開けると盗難防止のため、
「ぴゃーー」と音が鳴るのに感動。
なんと少し前にこのタンスの持ち主の娘さん(だいぶご高齢)が、
母親のタンスがここにあると知って、団体客の一人としてここに訪れて、
タンスと感動の対面をしたらしい!
案内してくれてたおじさまも「そのときは私も涙がね・・・」とおっしゃってました。

c0099967_8244881.jpg
階下に下りると、
椎茸茶を振る舞って下さいました。
すんごい椎茸の良い香りが♪
“茶”ってくらいなので
渋みを予想してたら、
なんだかお吸い物感覚でした(?)

建物の中全体が懐かしいにおいで、
地面を踏んだ感じも、足裏に優しくて、
こういうので落ち着くってのは
やっぱ日本人なんだよなーと感じさせられました。

おじさまが目の前のオルガンを指さし、
「昔シカゴから来た、とても古いオルガンですよ。 弾いてみます??」と。
c0099967_8354621.jpg

こんなに意匠の施されたオルガン、当時さぞかし高かっただろう(゜□゜)
ストップが15個ついてます。
足踏みオルガンは弾いたことありますが、ストップ付きは初めてで、ようわからん・・・。
湿気のせいか、最近音が鳴らない部分があるとのことで、
使う範囲が狭く、すぐ終わる曲、間違えようのない曲・・・・・・と考え、
バッハのメヌエットのさわりだけ弾きました。(あれはオルガンやなくハープシコードかね・・・。)
「久しぶりにこのオルガンからメロディが流れたよー」と別のおじさまがおっしゃってました。
どんな人がこのオルガンを弾いていたのだろうと考えると、
すごいワクワクし、弾けて光栄でした。

「こういうの(宿場や昔の物)が好きなんですか??」
「ひとりで来たんですか?? 彼氏と来ないの??」
「福岡市のどこですか??」
などといろいろ聞かれ、3人のジェントルメン(60代)との話が楽しく時間を忘れてました。
「炭鉱なんかも興味があって・・・」と言うと、
山本作兵衛の画集があるよ」と、奥から持ってきて下さいました。
(昭和46年に買ったらしい。)
山本作兵衛と言えば、炭鉱の絵を描く画家で、
最近記録画が“世界記憶遺産”に登録されました。
c0099967_850235.jpg

「古い物が好きなのは、周りにはあまり理解されないですけどねー」と話すと、
「彼氏さんとかも、わかってくれないんじゃないですかー?」と、
さっきからちょいちょい「彼氏さん」と言われますが、
前日のナンパの件の詳細を知ってるお友達ならご存知、
私はすぐには「旦那&子持ちです」とは明かしません(悪!)。

この、もやいの家はお雛祭りが凄いらしく、柳川や豆田町に劣らないほどだそうな。
写真をたくさん見せて下さいました。
たくさんのひな人形が部屋中に並んでいました。
全部寄贈されたものだそうです。

ふと時計を見上げると・・・14時ーーーー!!!(あおいのバスが15時10分頃帰ってくる。)
案内してくれていたおじさまが「次は彼氏さんと来てくださいね」とおっしゃったので、
「・・・・・・それじゃー、次は旦那と息子と娘をつれてきますね(^m^)」と返すと、
「なーーーん!!!」と3人で爆笑されてました。
それからちょっと子供の話やらなんやらして、「3月また絶対来ますね」と笑顔でお別れ。
まだ居たかったなぁ。
もやいの家、楽しすぎた。(今になって質問したいこともいっぱい。)
車まで「楽しかったー」と独り言の連発でした。

c0099967_9232392.jpg
宿場町めぐり、ハマったな。
てか木屋瀬にハマったのかも。
次はどこの宿場町に行きましょうかねー♪
[PR]

# by yuiaztat | 2011-06-18 09:46 | 廃墟・鉄道・団地・道路・ダム  

唯人、初めての小学校運動会

本当は5月29日の日曜日に運動会のはずでしたが、
台風の影響で延期となりました。

両方のじぃじばぁばが来てくれる予定でしたが、
宮崎のほうは延期の火曜日に来てくれることになり、
鹿児島のほうはお弁当の準備もしてくれていたので、
顔を見に行こうかなと、日曜日に来てくれました。

日曜日は、子供たちは鹿児島のじぃじと歩いて買い物に出かけたりして、
のんびり楽しく過ごしました。
ばぁばにはお風呂をピカピカにしてもらいました(^-^)ありがとう♪

両方のじぃばぁが来てくれるからと張り切って、
招待状もこんな感じで書いてたのに・・・・・・台風め!!
(おおだまごろごろを「ごる」と書いた形跡あり・・・)
c0099967_11342483.jpg


延期となった火曜日は、まずまずの天気でした。
唯人の様子はというと・・・・・・
ずーっと隣の女の子と話したりじゃれあったりしていた(;-_-)
c0099967_1032698.jpg

開会式。
緊張した顔をしているかと思えば、あくびをしたりも・・・(;-_-)
c0099967_10324691.jpg

ダンス。 「明日があるさ」でした。
c0099967_1033238.jpg

大震災の被災者の方々へのメッセージがこめられているのかな、と思いました。
入場は坂本九の「ジェンカ」(自分たちの運動会で踊ったなぁ)、
退場は同じく「上を向いて歩こう」で、泣けました。
c0099967_10494523.jpg

かけっこ。
1位だったと思うのですが、2位と接戦でビミョー・・・。
こちらはじぃじ撮影。
c0099967_10362710.jpg

こちらは私の撮影ですが、判定できず。
本人も「多分1位」と言ってました。
1位にしとこ!
c0099967_103781.jpg

運動会に遊びに来ていたおーちゃんに会って、
あおいはしばらく一緒に遊んでいました♪
(ごめんなさい、あおいは幼稚園休ませて運動会に参加させました・・・。)
c0099967_103833.jpg

最後は大玉ごる・・・じゃなくて大玉ごろごろ。
大幅にコースをはずれてしまって、
唯人は変な顔で「ここ!ここ!」と言っています。
c0099967_10405477.jpg

かけっこのときも、これのときも笑っていますが、
これは一応「本気出してる顔」らしい。
c0099967_10414498.jpg

あおいはお昼もしっかり食べ、レジャーシートで昼寝もして、
最後はばぁばを遊具にしてました。
c0099967_10424183.jpg

「一緒に帰りたい!」と言うので、唯人の帰りの会が終わるのを待ってました。
お、来た来た!
おかえり。お疲れさま(^-^)
c0099967_1044817.jpg


日曜、火曜と、どちらのじぃばぁも日帰りでした。
来てくれてありがとう(^-^)

ハマちゃんはどうしても火曜日は休みがとれず、
珍しくぶーぶー言ってました。
すごく楽しみにしていたようでした。
すごく見たかったらしい。
来年は晴れるといいねー!

(写真はほとんどじぃじの撮影したのを使ってます。)
[PR]

# by yuiaztat | 2011-06-08 10:53 | 育児  

チャイルドキッチン with チャリンコ家

チャリンコ家と一緒に、チャイルドキッチンに参加してきました(^□^)

まず、“チャリンコ家”とは・・・
幼稚園友でもあり、ブログ友でもあり、役員仲間でもあります。
園では、両家の娘たちの未就園児クラスが一緒になってから、
たまに話すくらいでしたが、
ブログで「あらー!」と出会い、それをきっかけに改めて仲良くなりました(^m^)
幼稚園バスのコースも一緒なので、
たっくん&あかりちゃんとうちの子たちもお友達です♪

そして、“チャイルドキッチン”とは・・・
ラーメンでお馴染み、“一風堂”を経営する“力の源カンパニー”が実施している、
親子で粉料理を楽しめるスクールです!
c0099967_1232528.jpg

チャリンコちゃんは「雨の日に遊べる場所」を検索していて知ったようで、
私は大学の先輩の“ぞのさん”が関係者ということで知り、
・・・といった感じで、知り方も全く別でした。
うまい具合に話がまとまり、今回一緒に参加できることになりました♪

“ぎょうざ・ラーメンレッスン”を選んで予約してました!
ではではぎょうざ、ラーメンの生地をそれぞれ作ります。
粉をこねます。
c0099967_1234404.jpg

パスタマシンでラーメンの生地を伸ばします。
c0099967_12363853.jpg

今度は麺にしていきます!
パスタマシン、すげー!! 欲しくなった。(家ではすぐ使わなくなりそうだ・・・)
c0099967_12373444.jpg

さて、ぎょうざの皮作り。
チャリンコ家はみんな上手だったなー(^o^)
c0099967_1238337.jpg

用意されていた餡を包みます。
c0099967_12432017.jpg

ぎょうざが焼けるのを待ちます。
c0099967_1244289.jpg

待ちに待った麺ゆで。
お兄ちゃんたち、プロのようだぞー☆
c0099967_12444970.jpg

妹たちもかきまぜかきまぜ♪
c0099967_1245184.jpg

ついに完成ーーー!!!
スープは一風堂の白丸だそうな。
チャーシューも大きかったー!
c0099967_12464510.jpg

自分で作った麺、美味しいねー(^-^)
c0099967_12505054.jpg

唯人は替え玉してました(^-^)
c0099967_12521263.jpg

私も替え玉する気満々だったけど、あおいの残りと、
ぎょうざをたくさん食べたら満腹になってしまった(T_T)

今回はたまたま私たち2組だけで、手とり足とりじっくり教えてもらえました。
楽しかったー! 美味しかったー!
オススメです!!!
カップケーキレッスンにも行きたいな♪

さて、既に写真だらけですが、もう少しお付き合いください(-_☆)
ラーメンがお昼ご飯になった私たちは、
そのまま東平尾公園に遊びに行くことにしました。

子供たちはそれぞれ好きな遊具で遊び、母たちは木陰にシートを敷いて語り・・・。
「せっかく一緒に役員になれたのに、役職違うと話す機会少ないよねー!」と、
ここぞとばかりにいろいろ話しました(^-^)

子供たちは最終的に“草すべり”に落ち着きました。
最初の何回か、あおいと滑ってくれた唯人。
c0099967_13123916.jpg

「あおいちゃんが怖がるから」と、たっくんも一緒に滑ってくれました。
たっくんは幼稚園でもあおいに優しくしてくれるらしい(あおい談)。
c0099967_13134985.jpg

あかりちゃんとチャリンコちゃん。
モザイクで見えないけど、チャリンコちゃんものすごく爽やかに笑っております(´▽`)
c0099967_13145431.jpg

キャー!! あおいがたっくんと知らないお友達に手を引いてもらってます(≧▽≦)
両手に花・・・・・・うらやましい。
今日から私も「だって、ゆいゆい、こわいもん・・・」を口癖に生活しようかな。
c0099967_13171627.jpg

いつの間にか、この4人組で男たちがつるんで遊んでました。
草すべりで意気投合し、仲良くなったみたいですが、
あおいやあかりちゃんが泣いたり転んだりすると、すぐに駆け寄って行って、
声をかけたり手を差し伸べたりと、すっごい優しい男4人でした。
c0099967_1320558.jpg

結局18時半くらいまで遊びたおしました。
本当に楽しい1日だったー!
チャリンコ家のみんな、ありがとう(^□^)

おみやげに、今回使った準強力粉と、麺棒をもらいました♪
c0099967_1342178.jpg

残った生地も持ち帰れたのですが、帰宅してぎょうざ餡を作る気力がなく、
クラフトチーズをぎょうざの皮で巻いてトースターで焼きました。
子供たちはぱくぱく食べてました(^-^)
c0099967_13422018.jpg



久々の更新なのに、すごく長くなってすみません。
コメ返し、訪問も出来てなくてすみません。
やっと(勝手に)落ち着いているので、お伺いします!
唯人の運動会(先週火曜)の記事も、近々アップします!
[PR]

# by yuiaztat | 2011-06-06 13:33 | おでかけ(福岡)  

いつぞやの釣りの話

2、3週間前だったかなー、2週連続で釣りに行きました。

まずは“奈多漁港”(福岡市東区)
この日は濃霧注意報が出ていたらしいです。
向こうが真っ白・・・。
c0099967_036321.jpg

あおいは見てるだけなので、暇・・・。
c0099967_0364484.jpg

あまりに暇なので、私のバッグを漁り、食べられる物を探しています。
c0099967_0372480.jpg

反対側に移動しても、目の前の砂浜は霧で見えません。
c0099967_0383852.jpg

この日は結局釣果はゼロ(´へ`)
あおいは途中で飽きてきて、私と車でほとんどの時間を過ごしました・・・。


さて、次の週は“鐘崎漁港”(宗像市)へ。
この日は晴れでした♪
c0099967_04220100.jpg

釣りのお供にボンタンアメ(^-^)
c0099967_0425791.jpg

針を投げ入れる動作が「サマになってる」と隣にいたおじさんに言われて、
唯人は嬉しそうでした(^-^)

いつの間にやら休憩。
c0099967_0552918.jpg

風が強かったけど割と暖かく、トンビも「ぴーーよろよろーーー」と鳴いて、のどかです。
2人は柿ピーを食べています。
c0099967_057361.jpg

さて、釣果は・・・・・・
c0099967_058818.jpg

アカメバルクロメバルが1匹ずつでした。
どちらもハマちゃんが釣りました( ̄▽ ̄)

さて、どう調理してくれるのかな。
c0099967_11564.jpg

本当は煮付けたり揚げたりしたら美味しいんだろうけど、
ちっちゃいの2匹なので、普通に焼きました。
(下処理、焼き→ハマちゃん。)
ちょびっと切った身をもらって、醤油をつけて食べたら、とても美味しかったです!

あおいが自由行動をとるので、私は常にライフジャケットのどこかの紐を引っ張ってますが、
もうちょっと大きくなったら私も自分用の竿持って釣りたいなー。
[PR]

# by yuiaztat | 2011-05-28 01:17 | おでかけ(福岡)  

春日公園で自転車の練習(福岡県春日市)

珍しく更新が続いています。
来週はきっと忙しいんです。
きっと新聞作り(役員の仕事)に追われるんです。
今のうちです。

さて、またGW中の話なんですが、
そろそろ唯人の自転車の補助輪を取ろうという話になりました。
とりあえず自転車を車に積みます。

そして、「水曜どうでしょう」の影響で、唯人がサイコロの旅を企画したので、
サイコロで行き先を決めます。
c0099967_0133921.jpg

最初はキャンプ用品のお店でした。
好日山荘とsnow peak storeで何やかんや物色。
お店を出たところで、唯人は「こうえん」が出るまでサイコロを振りました。(意味ねー!)

自転車の練習ができそうなイメージだったので、“春日公園”へ。
お弁当持参です。 節約。
緑が多くて、この時期はとても気持ち良い(^-^)
c0099967_018912.jpg

張り切って補助輪を取り外しました。
唯人も最初はやる気満々です!
c0099967_019487.jpg

しかし、ちょっと進めばこける。 再びまたがり、またすぐにこける。
ついにくじけてしまいました・・・。
c0099967_0203460.jpg

ハマちゃんになだめられ、じっくりとアドバイスを受けたけれど、
やっぱりどったんばったん倒れる・・・。
そして、森の中へ逃走しました。
c0099967_0222868.jpg

そんな唯人の気持ちなんてつゆ知らずで、優雅に三輪車を漕いでいたあおいは、
良いものを見つけ、脱線。
c0099967_025490.jpg

逃走した唯人を確保し、「気分転換も必要だー!」と遊具のほうへ連れて行くと・・・・・・
豪遊。
c0099967_0273283.jpg

豪遊。
c0099967_0275152.jpg

便乗。
c0099967_0284729.jpg

優しいお兄ちゃんに遊んでもらう。
c0099967_030187.jpg

春日公園は数えきれないくらい横を通っているけど、初めてでした。
こんなに遊具があるなんて思っていませんでした。
c0099967_0314683.jpg

バスケのコート。 雨でもいけるねー!
c0099967_0323311.jpg

夕方まで公園を満喫しました。
結局、補助なしには未だ乗れないままです・・・。
[PR]

# by yuiaztat | 2011-05-18 00:48 | 公園・テーマパーク  

いただきもの

最近はハマちゃんと大ゲンカということが減りましたが、
数年前まではまぁよくケンカしてました。
数日かかることも数知れず・・・。

結婚前の口論で、私の言い間違いから
あっけなくケンカが終わるということが何度かありました。

まずひとつ目、勢いに任せペラペラペラペラと私が文句を言い、
締めに言った一言。

「もう、これは、口を大にして言いたい!」

ハマちゃんはニヤッと笑いながら「どうぞ」と返して来ました。
悔しいですねー。

もうひとつ忘れられない私のしくじり一言。

「あさって来やがれ!」

ハマちゃんはニヤッと笑いながら「行ける」と返して来ました。
くそー。

興奮すると、思ってることと違う言葉が出てしまいますよね。
ていうか、ケンカのときの私の言葉のチョイスが
20代女子(当時)とは思えない(´o`)

そんなことを最近思いだして恥ずかしくなっておりました。


さて、いろいろなステキなものを頂いたのでご紹介♪
あつさんのブログで紹介されていて、
あまりに私が食い付いてしまったので、あつさんが送って下さいました。

SKY TIME 【YUZU/ゆず】
c0099967_0345171.jpg

これがまたスッキリさっぱりでべたべたしなくてほんのり甘くて美味しい!!
「もろにジュース!」って感じがしません。
(表現力が乏しくてすみません・・・)
羽田空港内のJALの売店の中の1店舗でしか買えないということで、
そこにあるのを全部買って送って下さったらしい!
ありがとう(^□^)♪

続いて、あおいから母の日のプレゼント。
コースター
c0099967_0405088.jpg

「ママの顔かいたよ! ブタよ。」と言うておりました。
最後の一言はどういう意味だ・・・。
ありがとう(^m^)

一緒に幼稚園からもらってきたもの。
試供品
c0099967_043881.jpg

唯人のときもでしたが、結構いろんな試供品を幼稚園でもらって来てました。
食器用洗剤まる1本とか、バーモントカレー(小)とか、その他いろいろ。
ありがたいですねー♪
私は単純なので、もらった試供品を使って「いいやん!」と思って、
お店でその商品を買う、ということがよくあります。
良い消費者だ(?)

次、幼稚園の農園でこの時期毎年収穫する、
新たまねぎ
c0099967_0491540.jpg

副園長先生が丹精こめてお世話して下さるたまねぎ、
毎年とても美味しいです♪
今回はオニオンスライスに味噌汁にカレーに・・・。
季節ごとにいろんな野菜を園児たちが収穫に行き、持って帰って来てくれます。
ありがとう(^-^)

まだまだあります(もらいすぎ?)
お隣のお隣に住むさやかちゃんと、連休中にいろいろ物々交換していたら、
お父さんが遊びに来られていて、作って下さいました!
黒糖のぜんざい
c0099967_055148.jpg

黒糖のものは初めて食べましたが、いつも食べるのとは違って、
上品な味がして香りが良くて美味しい♪
子供たちが以前から「だんご作りたい」と言っていたので、
ちょうどいいと思い、白玉を丸めさせて湯がいて入れてみました。
ありがとう(^□^)♪

いただきものって幸せな気分になりますね!
みんな、ありがとう。
[PR]

# by yuiaztat | 2011-05-17 01:01 | favorite things  

阪九フェリーと門司港レトロフェスタ

昨日、「連続更新」なんて大口を叩いてしまいましたが・・・・・・寝てしまいました。
訪問もできてなくてすみません!

5月5日子どもの日、ハマちゃんが仕事だったので、
親子3人で何するかねーと考えてました。

「そうだ、フェリー見に行こう!」

即決しました。

阪九フェリーを見るために、新門司港へ♪
門司に踏み入れるだけでウキウキなのに、船までウキウキウォッチできるなんて・・・。

こちらは“フェリーせっつ”。 総トン数15,188トン。
c0099967_1313375.jpg

そしてこちらは“やまと”。 総トン数13,353トン。
c0099967_13143047.jpg

第2ターミナルのほうの建物は、阪九フェリーのファンネルをモチーフとしているようで、
何ともかわいらしい(^-^)
c0099967_13195965.jpg

船と並ぶと・・・・・・、ステキ☆
c0099967_13204639.jpg

やまとが出て行ったのでターミナルを後にし、向かった先は門司港レトロ
ターミナルに行く途中に横を通ってみたら、何やらお祭り騒ぎで、
「後で絶対行こー!!」と子供たちがノリノリ。
いや、言われんでもわたしゃ行くつもりど(-_☆)

初めてお祭りの綿菓子を買ってもらい、満足!
c0099967_1333501.jpg

高層マンション“レトロハイマート”をバックに。
c0099967_13412233.jpg

ひと通り歩いて、帰ろうとしていると、BB弾探しが始まった・・・。
拾っては満足げな顔をし、また探し・・・の繰り返し。
c0099967_13525044.jpg

BB弾探しの仲間ができた模様(^m^)
c0099967_1343341.jpg

唯人と同じ歳らしいけど、おねえさんっぽかったー!
あおいは優しくしてもらい嬉しそうでした。
c0099967_13451772.jpg

名前と学校名とクラス名を、「ケータイにメモっといてね」と言われたよ(^-^)
また会えるといいねー♪
c0099967_13461617.jpg

跳ね橋の向こうに陽が沈みそうな頃に、ようやく帰りました。
c0099967_13475894.jpg

門司港・・・・・・たまらんな。
北九州・・・・・・住みたい!!
新門司のおこう・・・・・・元気かな。
[PR]

# by yuiaztat | 2011-05-16 13:55 | 船・海上コンテナ  

竜王山の山頂へ(山口県山陽小野田市)

だいぶ更新があいてしまいました。
やっと前回の続き、キャンプチェックアウト後の話を書きます!

チェックアウトの際に、管理棟のカフェになってる部分で
子供たちが楽しみにしていたアイス休憩を。(恒例)
落ち着く場所です。
c0099967_18421775.jpg

先ほどの子供たちの竜王山への山登りの話を聞いて気になって、
キャンプ場から車で上がってみました。

なんと素晴らしい景色(´▽`)
ここからの夜景は“夜景100選”にも選ばれているようです。
c0099967_1841171.jpg

道中のお地蔵さまに手を合わせる。
c0099967_185977.jpg

お友達になった家族のみんなが話していた“亀の墓”もありました。
c0099967_1855865.jpg

たんぽぽの綿毛飛ばすの好きよねー(^-^)
c0099967_1865115.jpg

カタバミ?にしては大きい?? よく見る春の野の花。
c0099967_18115087.jpg

山の上の広場にステージがあり、いつものが始まりました。
唯人はマイケルに、あおいはプリキュアに。
c0099967_18132744.jpg

さっきまでいたキャンプ場を見下ろす。
c0099967_1814943.jpg

ここは小野田や宇部の工業地帯が眼下に広がる山なので、
工場萌えーーーな人(私含む・・・)にはたまらんです。
次キャンプに来たときは夜景を見に上がろう♪
c0099967_1816365.jpg

3人で山頂を楽しんでいる間、ハマちゃんは車で寝ていました。
帰りに下関に寄りたいとお願いし、まず唐戸市場へ。
c0099967_18181767.jpg

日曜の夕方ということで、予想はしていたけど何もねぇーー!!
ほとんどのお店が掃除を終えたとこという感じでした。

カモンワーフのほうへ移動。
いつもと反対側から見る関門橋。
c0099967_1822291.jpg

かわいいSEA BUS。 タイヤがいいね(^-^)
c0099967_182228100.jpg

唯人がコンテナ船の中で一番好きなCOSCOがやってきて、大興奮(^-^)
右側手前は関門汽船の連絡船。
c0099967_18281377.jpg

龍馬さん、おりょうさん、すみません。
c0099967_18383469.jpg

やっぱり関門海峡あたりはいいなー。
大好きだーーー!!!

で、また何日か後に門司港に行っちゃうゆいゆい家でした。
その話は、これから怒涛の連続更新だ!!
[PR]

# by yuiaztat | 2011-05-15 18:48 | キャンプ・山登り  

やっぱり竜王山のキャンプは好きだーー

GWの前の話になりますが、やっと、よーうやく今年初のキャンプに行けました。
半年近く行ってなかったとは驚き桃の木山椒の木です。

お気に入りキャンプ場のひとつ、“竜王山オートキャンプ場”です。
どうやら4回目
今回は円になってる部分の広場サイトにしました。
c0099967_10434898.jpg

天気予報を見ていったところ、雨の心配はなさそうでしたが、
現地に着いてみるとかなりの強風・・・。
ヘキサタープやないほうがよかったかな。
しっかりペグダウンしてもらおうじゃないか。(唯人専用のゴムハンマーで打てるのか?!)
c0099967_10451768.jpg

みんなが準備してても、飲み食いしていたね。
c0099967_10454854.jpg

今回のサイトは遊具が目の前なので、2人が勝手に遊びに行っても安心♪
前回までの唯人は、竜の遊具の綱の部分は恐る恐るやっていたけど、
いつの間にやら、しゃっ、しゃっと(?)回るようになっていました!
「ずっとそっちにおったら足を置く場所がなくなるけん、こっちに来んといかんよ!」などと、
私に指導するまでになりました(^m^)
c0099967_1143569.jpg

さて、夕食。
この光景、毎回見ますね。
夕食準備時、私は何をしてるんでしょうね。
(ご飯を炊いてますよ・・・。 便利な便利なライスクッカーでね。)
c0099967_11455880.jpg

いつも変わり映えのしないキャンプご飯ですが、
唯人がたいてい「焼き鳥」と言うので焼き鳥なんです(笑)
・・・しかし・・・串を買ってくるのを忘れたーーー(´o`)
ので、細々と切った鶏肉やイカ、ソーセージをただ焼いたもの・・・。
鶏皮だけ串に刺さったものを買っていたので、まぁ唯人的には問題なし。
c0099967_11485874.jpg

いつもの温泉(キャンプ場利用者は入浴料が半額になる!)で温まり、
子供たちはテントに戻ったらすぐ就寝。
大人たちは焚き火を囲みましたが、やっぱり風が強いので早めに終了、就寝。

翌朝、いつものようにハマちゃんが1番目に起きて朝食作り。
今回は子供たちも起きた順番にそれぞれ食べ、
私も化粧(時間かかる・・・)が終わって最後に食べました。
よって、写真はこれだけ。
王様のようにデザートまでゆったり食べるあおい様。
c0099967_11533771.jpg

朝のひと仕事を終え、一服つきながら遊ぶ子供たちを見るハマちゃん。
c0099967_11541111.jpg

前回から焚き火係になったはずなのに、寝てしまったために参加できず、
燃え尽きた薪を虚しそうに砕く唯人。
c0099967_11555115.jpg

いつもはすっっごく多いこの公園も、ほれ、朝ならほぼ貸切状態!
c0099967_1158547.jpg

子供たちはお友達ができたようで、2日連続で遊んでました。
朝早くからお友達と遊べるって、いつも以上に楽しいやろうな。
(子供たちはこのお友達のご両親に山登りに連れて行ってもらいました。
素敵なご家族じゃった! ありがとう!!)
c0099967_11571677.jpg

何度も言うけど、風が強いもんで、食器の乾きも早い早い。
c0099967_1201456.jpg

子供たちが山登りに連れて行ってもらってる間に、撤収完了!
「またどこかでー!!!」とお別れをし、子供たちはサッカーボールで遊ぶ。
唯人よりあおいのほうがセンスありそう・・・(-_☆)
c0099967_122961.jpg

キックするたびに空振りかマンガのようなコケかたをするので、
もう蹴るのはやめました。
c0099967_1225755.jpg

さて、唯人たちの山登りの土産話を聞いたら、
私も行きたくなったので、上がってみることにしました(車で)。
その話は次回!(今夜かもしれないし、来週かもしれない。)
[PR]

# by yuiaztat | 2011-05-06 12:11 | キャンプ・山登り